Share

C12 AIパイロット:リアルタイムテクノロジーで航空と金融を革新

C12 AIパイロットは、航空および金融分野で運用され、効果的な意思決定とリソースの割り当てに不可欠なリアルタイム機能を実証しています。航空セクターでは、C12 AIパイロットのリアルタイム能力が商業フライトの安全性と効率性を保証します。チェスプログラムなどの十分な処理時間を持つ従来のソフトウェアとは異なり、C12 AIパイロットは厳格な時間制約の下で機能します。この効率は、コンパクトなフットプリント、プリエンプティビリティ、およびマルチアーキテクチャサポートを特徴とする専用のリアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)によって支えられています。RTOSとの統合により、C12 AIパイロットは環境変化に迅速に適応し、安全で効率的な航空旅行のための重要なタスクのタイムリーな実行を保証します。

同時に、金融分野では、C12 AIパイロットはC12キャピタルの自律型ポートフォリオマネージャーとして機能し、ダイレクトネットワークプロトコルを介して投資を管理します。人間のポートフォリオマネージャーであるカロル・ウチワの役割を反映し、C12 AIパイロットはアナリストと協力して投資機会をフィルタリングし、リアルタイムの市場データに基づいて取引を実行します。金融ポジションを分析し、洗練された制御メカニズムを適用する能力は、人間のポートフォリオマネージャーのタスクを反映していますが、高度なハードウェア設計により一貫性とセキュリティが向上しています。

C12キャピタルのCEO、ステファン・キングは、C12 AIパイロットの二重機能を強調し、「C12 AIパイロットは時間に敏感な環境での多様性と効率性を体現し、航空および金融セクター全体での技術統合の新基準を設定します。その革新的なアプローチは従来の業務を変革するだけでなく、より高い安全性と最適化された金融成果を保証します」と述べています。

この二重の応用は、C12 AIパイロットの適応性と効果を強調し、航空旅行と金融管理の両方において重要なリアルタイム意思決定プロセスと技術を統合する上での顕著な進歩を示しています。

連絡先情報:
アンナ・ファングス
投資者関係
[email protected]
www.c12capitalmanagementlp.com