5月11日、国際スケート連盟はフィギュアスケートの2020-2021年シーズンにおける規定を発表しました。「3回転ルッツの基礎点を下げ、3回転フリップの基礎点を同じにする」「4回転ではループ・フリップ・ルッツの基礎点をすべて同じにする」といった大きな変化が加わり、来季の戦いも一層白熱したものとなりそうです。

そんななか勝負をわけるポイントとなりそうなのが「回転不足」に関する規定の変更です。これまでも回転不足による減点は結果に大きな影響を与えてきましたが、来季はわずかな回転の不足がより大きな影響を与えるシーズンとなりそうなのです。

2019-2020シーズンにおいては回転不足については4段階の区分けがありました。まったく問題のないジャンプ、4分の1回転まではいかない程度の回転不足、4分の1回転以上2分の1回転未満の回転不足(採点表で「

【2019-2020シーズンの回転不足の区分け】
成功(記号ナシ)
基礎点の減点、出来栄えでのマイナスともにナシ

4分の1回転未満の不足(記号ナシ)
基礎点での減点ナシ、出来栄えで「-1から-2」引き下げ

4分の1回転以上、2分の1回転未満の不足(記号「基礎点が80%に減じ、出来栄えで「-1から-2」引き下げ

2分の1回転以上の不足(記号「基礎点が1回転少ないジャンプのものに減じ、出来栄えで「-3から-4」引き下げ

【2020-2021シーズンの回転不足の区分け】
成功(記号ナシ)
基礎点の減点、出来栄えでのマイナスともにナシ

4分の1回転未満の不足(記号ナシ)
基礎点での減点ナシ、出来栄えで「-1」引き下げ

ちょうど4分の1回転不足(記号「q」がつく)
基礎点での減点ナシ、出来栄えで「-2」引き下げ

4分の1回転より大きく、2分の1回転未満の不足(記号「基礎点が80%に減じ、出来栄えで「-2から-3」引き下げ

2分の1回転以上の不足(記号「基礎点が1回転少ないジャンプのものに減じ、出来栄えで「-3から-4」引き下げ

つまり来季の採点では「4分の1回転の不足」という境目の前後で3段階にわかれるわけですが、この際どい違いが結果にどのような影響を及ぼすのでしょうか。基礎点11.00点で変更がなかった4回転フリップを例に見ていきます。なお、計算の簡略化のために、回転不足以外の部分では標準的な出来(出来栄えプラスマイナスゼロ)だったものとします。

2019-2020シーズンの場合、「4分の1回転不足」の境目で「4分の1回転以上不足」とされた場合、記号「2020-2021シーズンの場合、「4分の1回転不足」の境目で「4分の1回転より不足」とされた場合、記号「

ここでポイントとなるのが、回転不足を判定する審判と、出来栄えを判定する審判が別であるということです。回転不足を判定するのは技術審判(テクニカルパネル)の仕事で、出来栄えを判定するのは演技審判(ジャッジ)の仕事です。2019-2020シーズンの場合、4分の1回転という際どい境目において技術審判と演技審判の見立てが食い違った場合、演技審判側の出来栄えへの判定で食い違いを埋める余地がありました。上の例で言えば、記号「<」がついたジャンプに高めの7.92点をつけることができ、記号がつかないジャンプを出来栄えへの判定で8.80点に引き下げることもできました。

それが2020-2021シーズンでは演技審判による出来栄え判定での影響が少なくなり、上の例の場合、記号「<」がついたときは演技審判が高めにつけても7.04点に抑えられ、記号がつかなかったときは9.90点より引き下げることはできないことになります。また、記号「q」がついたときは出来栄えによる変動はなく8.80点ということになります。「ちょうど4分の1回転不足」という際どい境目のほんの1ミリ2ミリの違いを技術審判がどう見るかだけで、演技審判がどれだけ評価をしても埋められない各段階での大きな差が生じるわけです。

ジャンプの回転不足についてより大きな差をつけるようになっている2020-2021シーズンの規定。記号「q」や「<」をつけたくなるような「4分の1回転不足」付近の際どいジャンプをしてしまうと、技術審判のさじ加減ひとつで大きく得点が影響されることになります。技術審判を疑うわけではありませんが、高速で回転する選手の「4分の1回転の境目」を正確に見極めることは困難であり、かつ外部からの再検証も難しい内容。試合ごと、選手ごとに判定のバラつきも出るでしょう。その「わずかな違いによる大きな差」に翻弄されないためには、誰の目にもクリーンなジャンプを跳ぶ必要があります。回転不足になりがちな選手にとっては、一層厳しいシーズンとなりそうです。