ドコモケータイとドコモnanoUIMカード Ver.7(グリーン)の組み合わせで位置情報機能が動作せず!


NTTドコモは26日、同社が2022年4月18日(月)より提供している新しいSIMカード「ドコモnanoUIMカード Ver.7(グリーン)」と一部のドコモケータイとの組み合わせにおいて位置情報に関わるサービスに影響がある事象が確認されたとお知らせしています。

事象は以下の通りとなっており、対象機種は「らくらくホン F-01M」および「arrows ケータイ F-03L」、「らくらくホン F-02J」、「ARROWSケータイ F-05G」、「SH-03L」、「AQUOS ケータイ SH-02L」、「SH-02K」、「AQUOS ケータイ SH-01J」、「SH-03H」、「AQUOS ケータイ SH-06G」、「P-smart ケータイ P-01J」。

・緊急通報(110、118、119)時に通知する位置測位精度が下がる
・「イマドコサーチ」「ケータイお探しサービス」が利用できないおよびドコモ位置情報設定ができない

※緊急通報時には基地局の場所から算出される位置情報が通知されます。

ドコモnanoUIMカード Ver.7(グリーン)は2022年4月18日以降に新規発行または再発行した場合に提供している新しいドコモnanoUIMカードです。製造元はGemalto(ジェムアルト)が2019年にThales Group(タレス・グループ)に買収されたため、タレスDIS(略称:AX)とアイデミア(略称:ID)の2社となっています。

今回、そんなドコモnanoUIMカード Ver.7(グリーン)を対象のドコモケータイと組み合わせて使うと、位置情報機能が動作しないことが明らかになったと案内されています。これにより、同社では対処方法としてドコモショップにて当該事象が発生しないSIMカード「ドコモnanoUIMカード Ver.6(ライトブルー)」と無償交換することで解消するとしています。

また対象機種のうちのらくらくホン F-01Mおよびarrows ケータイ F-03L、SH-03L、AQUOS ケータイ SH-02Lについては2022年7月をめどにソフトウェア更新を提供して解消する見込みだということです。なお、ドコモnanoUIMカード Ver.6(ライトブルー)はジェムアルト(略称:AX)および大日本印刷(略称:DN)、ギーゼッケアンドデブリエント(略称:GD)の3社が製造しています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・ドコモからのお知らせ : 【お詫び】ドコモnanoUIMカードVer.7(グリーン)と一部機種との組み合わせにおいて、緊急通報位置通知の位置情報精度が下がる事象、および位置情報サービスが利用できない事象について | お知らせ | NTTドコモ
・NTTドコモ ホーム