新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 1 IV」をフォト&ムービーレビュー!


既報通り、ソニーは11日、同社が展開する「Xperia」ブランドにおける新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」を発表しました。日本国内ではNTTドコモから「Xperia 1 IV SO-51C」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から「Xperia 1 IV SOG06」、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から「Xperia 1 IV(型番:A201SO)」がそれぞれ2022年6月3日(金)に発売されます。

各社ともにすでに事前予約受付を実施しており、販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auではauショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」など、SoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」のみとなっており、SoftBankではソフトバンクオンラインショップにてXperia専用のスマホ差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View」とセットにした「Xperia 1 IV View Kit」も数量限定で販売されます。

価格(金額はすべて税込)は直営店ではNTTドコモ向けXperia 1 IV SO-51Cが190,872円、au向けXperia 1 IV SOG06が192,930円、SoftBank向けXperia 1 IV A201SOおよびXperia 1 IV View Kitともに199,440円となっており、それぞれ販売施策「いつでもカエドキプログラム」および「スマホトクするプログラム」、「新トクするサポート」の対象です。

これらの販売施策を利用してXperia 1 IV SO-51Cを23ヶ月目に返却した場合の実質負担額は4,797円/月×23回(総額110,352円)、Xperia 1 IV SOG06を23ヶ月目に返却した場合の実質負担額は4,830円/月×23回(総額111,090円)、Xperia 1 IV A201SOを24ヶ月目に返却した場合の実質負担額は4,155円/月×24回(総額99,720円)となります。

またNTTドコモでは割引はありませんが、auではキャンペーン「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となるほか、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)となり、SoftBankではキャンペーン「【オンライン限定】web割」でMNPなら21,600円割引となります。

さらに発売を記念して各機種ともにキャンペーンが実施され、Xperia 1 IV SO-51Cと対象ソニー製イヤホン(WF-1000XM4またはLinkBuds)を対象期間内に購入・応募でdポイント10,000ポイントプレゼント、Xperia 1 IV SOG06を予約・購入・応募すると10,000円相当(不課税)のau PAY 残高をプレゼント、Xperia 1 IV SOG06をau Online Shopで購入・応募すると5,000円相当(不課税)のソニーポイントをプレゼントされます。

その他、ソニーではカバー表面には抗菌加工が施され、ブドウ球菌などの特定の細菌の増殖を最大99.9%抑制でき、スタンド機能を備えて閉るとカバーと一体化するスリムな構造で動画視聴時に便利な開閉式のXperia 1 IV専用カバー「Style Cover with Stand for Xperia 1 IV(型番:XQZ-CBCT)」(ブラック、グレー、パープル)を日本を含む一部の国・地域で販売する予定だということです。

本記事ではNTTドコモが「2022年夏モデル」に合わせて開催した体験会や発売に先立って5月24日(火)から先行展示を行っているソニーストア銀座などにて実際にXperia 1 IVの実機をタッチ&トライしてきたのでその模様を写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、ソニーストアにおける先行展示は札幌・名古屋・大阪・福岡天神でも実施しています。

Xperia 1 IVはXperiaブランドのフラッグシップモデル「Xperia 1」シリーズの最新機種で、昨年発売された「Xperia 1 III」の後継機種となり、同様に映画のスクリーンのアスペクト比である2.35:1とほぼ同じとなる21:9の約6.5インチ4K HDR(1644×3840ドット)有機ELによるシネマワイドディスプレイを搭載し、新たにチップセット(SoC)がQualcomm製「Snapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform」となって高性能化しています。

ディスプレイはXperia 1 IIIと同じく最大120Hzリフレッシュレートおよび最大240Hzタッチサンプリングレートに対応し、さらにMotion Blur Reductionによってリフレッシュレートは240Hz相当で非常に高精細で残像が少ない滑らかな画面表示を実現しているほか、新たに輝度がXperia 1 IIIと比べて約50%向上し、屋外での視認性を高めているということです。


Xperia 1 IVを持ってみたところ


Xperia 1 IVもノッチやパンチホールといった切り欠きはありません

実際に横にXperia 1 IIIの展示もあったので比べてみたところでは確かに最大輝度にした場合にXperia 1 IVの方が明るいのは確認できましたが、これが屋外の直射日光下などでどれだけ違いがあるのかは屋内での確認のみではちょっと判断できないといった感じでした。とはいえ、確実に明るくはなっているので少しでも見やすくなっているとは思われます。

またソニーの映像制作用カメラやハイエンド映像制作機器のブランド「CineAlta」によってチューニングされた「Creator mode」や映像技術「X1 for mobile」にも対応し、DCI-P3 100%や10億色色調、ITU-R BT.2020(REC.2020)をサポートし、標準光源・色温度からホワイトバランスを選択できる設定に対応してます。

これにより、画面の色味を用途や好みなどに合わせて変更可能となっているため、色の階調を適切に調整してゲームや動画などにて標的を発見しやすくする「L-γレイザー」に対応するほか、Illuminant D65に設定することで印刷した写真の色味をディスプレイで再現できるようになっているとのこと。

さらにまたリアルタイムHDRドライブを新たに搭載し、視聴環境やコンテンツに応じてフレームごとに解析を行って輝度のトーンカーブの最適化を行うことでコンテンツの明暗部の視認性を向上します。ソニー・ピクチャーズと共同開発した独自チューニングのDolby Atmosにも対応し、同じ空間にいるかのような立体音響を創り出します。

加えてXperia専用サービスの「BRAVIA CORE for Xperia」に対応し、ソニー・ピクチャーズの最新映画から過去の名作まで4Kの高画質を21:9のフルスクリーンで楽しめることに加え、IMAXシアタ-のような映画体験ができる「IMAX Enhanced」や「DTS」による臨場感あるサウンド、舞台裏映像が楽しめるStudio AccessをXperia 1 IVで視聴可能となります。


Xperia 1 IVの背面。カラーバリエーションはブラックおよびアイスホワイト、パープルの3色展開

外観はXperia 1 IIIを踏襲しつつ、若干側面がよりフラットとなっており、ディスプレイ面および背面ともに強化ガラス「Corning Gorilla Glass Victus」による完全なフラットガラスを採用することで余計なものを排除し、側面はマット処理が施されたメタルフレームを採用してフレーム部分がより薄くなっています。

また背面の質感もマットなフロストガラスをによって機能性と高級感ある加飾仕様を施しており、研ぎ澄ましたデザインに進化しているとのこと。本体色はブラックおよびアイスホワイト、パープルの3色展開で、NTTドコモでは3色とも販売されますが、auではブラックとアイスホワイトの2色のみ、SoftBankではブラックの1色のみとなっています。


NTTドコモでは3色がラインナップ。ただし、背面の本体下部に「docomo」ロゴが記載されています。au版とSoftBank版は背面の中央に「SONY」ロゴ、下部に「XPERIA」ロゴはありますが、キャリアロゴはありません

特に個人的には最近のXperia 1シリーズやXperia 5シリーズはグレー系ばかりでホワイト系がなかったのでアイスホワイトがラインナップされているのは嬉しく思いました。アイスホワイトは若干青みのある色合いで、パープルはかなり濃い目でパッと見では一瞬ブラック系かと思ったくらいでした。

サイズは約165×71×8.2mm(最厚部約9.7mm)、質量は約187gでこのサイズ感としてはそこまで重くないのは良い点ではないかと思います。防水(IPX5およびIPX8)および防塵(IP6X)に対応。本体にはUSB Type-C端子(USB 3.2)のほか、3.5mmイヤホンマイク端子や側面指紋センサー、FMラジオ、NFC Type A/Bにも対応。また日本市場向けはおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。


Xperia 1 IVのアイスホワイト。こちらはNTTドコモ版

ソニーにレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズで培った技術を取り入れた動きに強い以下の構成のトリプルレンズカメラと、暗所においても正確に被写体までの距離を瞬時に計測しAFやトラッキング性能をさらに高める3D iToFセンサーを搭載し、スマホでは世界初となる85mm(F2.3)〜125mm(F2.8)の望遠光学ズームレンズを搭載し、解像度やAF性能の劣化なく動画や静止画の撮影が可能になります。

・1/1.7型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」(1画素1.8μm)+広角レンズ(焦点距離24mm相当/画角82°/F1.7)
・1/3.5型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」+望遠レンズ(焦点距離85mm相当/画角28°/F2.3、焦点距離125mm相当/画角20°/F2.8)
・1/2.5型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」+超広角レンズ(焦点距離16mm相当/画角124°/F2.2)

またすべてのレンズカメラに120fpsの高速読み出しに対応した有効画素数1220万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載し、動画・静止画撮影時の高速・高精度なAFや被写体のトラッキング、4K 120fpsの動画撮影を可能にしています。

さらにリアカメラすべてにZEISS(ツァイス)レンズを採用し、階調や色再現、透明感、立体感、ぼけ味など、被写体の微細な質感までを忠実に再現、さらにT*(ティースター)コーティングによって画質低下の原因ともなるフレアやゴーストを最小限に抑え、クリアな描写を実現します。


Xperia 1 IVの右側面には音量上下キーや指紋センサーを内蔵した電源キー、カメラ/シャッターキーが配置されています


Xperia 1 IVの左側面にはmicroSDXCカードとnanoSIMカード(4FF)を装着するカードスロットが配置されています


Xperia 1 IVの上側面には3.5mmイヤホンマイク端子やマイクなどが配置されています


Xperia 1 IVの舌側面にはUSB Type-C端子やマイクなどが配置されています

主な仕様は日本市場向けについてはNTTドコモ版およびau版、SoftBank版ともに共通で12GB LPDDR5内蔵メモリー(RAM)および256GB UFS 3.1内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大1TB)スロット、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(2.4および5.xGHz、6GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.2、NFC Type A/B、位置情報取得がA-GNSS(GSP、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)。

PS Remote PlayやDUALSHOCK4、DualSense compatibility、Dynamic Vibration System、360 Reality Audio Upmix、DSEE Ultimateなどにも対応。OSはAndroid 12をプリインストール。携帯電話ネットワークは5G(NR方式)におけるSAおよびNSAをサポートし、NTTドコモ版およびau版、SoftBank版ともにnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMに対応したデュアルSIMとなっており、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通り。

<Xperia 1 IV SO-51C(docomo)>
5G: n3,n41,n77,n78 (3.5GHz), n78(3.7GHz),n79, n257
4G: Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 28, 38, 39, 40, 41, 42
3G: Band I, V
2G: 850, 900, 1800, 1900MHz
※2022年7月以降対応予定

<Xperia 1 IV SOG06(au)>
確認中

<Xperia 1 IV(SoftBank)>
5G: n3, n28, n77(3.4GHz), n77(3.7GHz), n78, n257
4G: Band 1, 2, 3, 4, 8, 11, 12, 17, 18, 19, 28, 38, 39, 40, 41, 42
3G: Band I, II, IV, VIII
2G: 850, 900, 1800, 1900MHz

<Xperia 1 IV XQ-CT54(UK)>
5G: n1, n3, n5, n7, n8, n20, n28, n38, n40, n41, n77, n78
4G: Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
3G: Band I, II, IV, V, VI, VIII, XIX
2G: 850, 900, 1800, 1900MHz


NTTドコモ向けXperia 1 IV SO-51CもnanoSIMカードとeSIMのデュアルSIMに対応しているため、電話番号(SIMスロット)が2つあります


Xperia 1 IV SO-51Cの日本向けの認証(いわゆる「技適」)は電波法に基づく工事設計認証(R)が「003-220028」、電気通信事業法に基づく技術基準適合認定(T)が「ADF22-0020003」


Xperia 1 IV SO-51Cのモデル名は「PM-1383-BV」で、FCC IDは「PY7-83262V」となっており、従来通りにタイ製(Made in Thailand)となっています

標準のカメラアプリは引き続いてデジタルカメラを意識したユーザーインターフェース(UI)を採用している「Photography Pro」および「Videography Pro」となっており、撮影環境に応じてフォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定を素早く直感的かつ正確に調整でき、被写体を追従し続ける「瞳AF」と「オブジェクトトラッキング」にも対応し、背景の移り変わりなどの多い動画撮影でもしっかりと被写体にフォーカスを合わせ続けます。

またAF性能と85〜125mm間の光学ズームによってズームした動画でも画質劣化が少なく、さまざまな画角での印象的な動画撮影が可能になります。広角・望遠レンズはソニー独自のアルゴリズムによる暗所での手振れに強い光学式手ブレ補正を強化した「FlawlessEye対応のハイブリッド手ブレ補正」に対応し、使い勝手の面においても動画撮影中にすべてのリアカメラのレンズ間をシームレスに変えながらズームすることが可能になっています

さらに120fps高速読み出し対応のイメージセンサーによってすべてのレンズで4K 120fpsのハイフレームレート撮影と最大5倍のスローモーション撮影に対応し、さまざまな焦点距離で印象的な映像表現を可能にし、新たに動画録画中に複数のフレームを重ね合わせる技術を用いてより広いダイナミックレンジでの撮影もフロントカメラを含むすべてのレンズカメラで実現しています。

他にもVideography Proをストリーミングモードにすることによって瞳AFやオブジェクトトラッキング機能を用いながら被写体にフォーカスし続けた高品質な映像をYouTubeなどSNSへライブ配信することが可能なほか、別売の「Vlog Monitor(ブイログモニター)(型番:XQZ-IV01)」を使用することで高画質なリアカメラでの自撮り撮影・ライブ配信も可能です。

さらにCineAltaで培った技術を色相・画作りとして反映した8つのLookを備えるなど、シネマティックな質感や色表現の撮影体験ができる「Cinematography Proでもすべててのリアカメラレンズで4K 120fpsのハイフレームレート撮影と最大5倍のスローモーション撮影が可能になります。また新たに動画録画中に複数のフレームを重ね合わせる技術を用いて、より広いダイナミックレンジでの撮影も実現します。

外部モニター機能ではXperia 1 IVとミラーレス一眼カメラ『α』などをUVC接続することによってカメラで撮影した高品質な映像を直接配信することが可能です。またフロントカメラは前モデルから大型化した1/2.9型の約1220万画素CMOS「Exmor RS for mobile」/広角レンズ(画角83°、F2.0)を搭載します。暗所でのノイズ低減に加え、逆光や明暗差がある撮影シーンでも白飛びや黒つぶれしない4K HDR対応の自撮り撮影が可能になっています。

その他、Xperia 1 IV専用のゲーミングギアを開発中だとし、Xperia 1 IVに取り付けて使用することによって冷却機能によるゲームの安定した長時間プレイや配信をサポートするための機能を搭載予定とのこと。このゲーミングギアはプロeスポーツチーム「SCARZ」の監修で開発を進めており、2022年秋に日本を含む一部地域で発売予定だということです。


Xperia 1 IV専用カバー「Style Cover with Stand for Xperia 1 IV(型番:XQZ-CBCT)」

また「Qualcomm Snapdragon Elite Gaming」を搭載し、ゲーム性能の最適化を行っており、ゲームに勝つための専用アシスト機能「ゲームエンハンサー」を搭載し、帯域ごとの音量調節を可能とし、他のプレイヤーが近づいてくる足音など、必要な特定の音を際立たせる「オーディオイコライザー」も搭載しています。

さらにボタンを押した約30秒前から録画できる「RTレコード」機能によって決定的な瞬間も録り逃ししません。さらに充電器を繋ぎながらゲームプレイ時でも本体高温化によるパフォーマンスの低下やバッテリーの劣化を抑える「HSパワーコントロール」などの機能も備えています。

ゲームエンハンサーを用いることでパソコンやサードパーティーのアプリを使わずにゲームプレイ中の映像と実況を簡単にYouTubeへライブ配信でき、配信中も視聴者のコメントが確認できるので視聴者とリアルタイムにコミュニケーションを取ることができます。

<Xperia 1 IVの主な仕様>
製品名 Xperia 1 IV
型番 SO-51C SOG06 A201SO
本体 サイズ[高さ×幅×厚さ/mm] 約165×71×8.2mm
質量[g](電池含む) 約187g
カラー ブラック
アイスホワイト
パープル
ブラック
アイスホワイト
ブラック
SoC Snapdragon 8 Gen 1
CPU オクタコア(2.9GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4)
内蔵メモリー(RAM) 12GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ(最大対応容量) microSDXC(1TB)
SIM nanoSIM/eSIM(デュアルSIM)
画面 ディスプレイ 約6.5インチ有機EL
解像度[横×縦] 4K(1644×3840ドット)
アスペクト比 9:21
リフレッシュレート 最大120Hz
HDR
カメラ 有効画素数/F値 リア 約1220万画素/F2.2
約1220万画素/F1.7
約1220万画素/F2.3(85mm)⇔F2.8(125mm)(自動切換)
フロント 約1220万画素/F2.0
通信・通話 通信速度[受信時/送信時の最大速度] 5G 4.9Gbps/1.1Gbps 4.2Gbps/481Mbps 3.0Gbps/298Mbps
4G LTE 1.7Gbps/131.3Mbps 確認中 838Mbps/46Mbps
VoLTE/VoLTE(HD+) ○/○
テザリング同時接続数
[Wi-Fi/USB/Bluetooth
10台/1台/4台
Bluetooth(対応バージョン) ○(5.2)
国際ローミング[4G LTE/3G UMTS/2G GSM] ○/○/○
電池・充電 バッテリー容量 5000mAh
接続端子 USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
連続待受時間[4G LTE](静止時) 約390時間 約450時間 約480時間
連続通話時間[VoLTE] 約1510分 約2000分 約1870分
その他 防水・防塵 ○/○
ワンセグ/フルセグ ー/ー
おサイフケータイ(FeliCa)/NFC ○/○
生体認証 ○(指紋)
ハイレゾ音源
OS Android 12
メーカー ソニー
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Xperia 1 IV 関連記事一覧 – S-MAX
・Xperia 1 IV SO-51C | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ
・Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)SOG06 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・Xperia 1 IV | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
・Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト