シャオミの新しい5Gスマホ「Redmi Note 10T」のメーカー版をファーストインプレッション!


既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)は14日、日本におけるオープン市場向けメーカー版(SIMフリー製品)として新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Redmi Note 10T(型番:22021119KR)」(Xiaomi Communications製)を2022年4月26日(火)より順次発売すると発表しています。

また発売に先立って4月14日(木)11時より予約販売を行っており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格が34,800円で、同社の公式Webストア「Mi.com」および「Xiaomi公式 楽天市場店」にて6月30日(木)までに購入した人を対象に抽選でスマートウォッチ「Xiaomi Watch S1 Active」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

販路は仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioおよびイオンモバイル、gooSimseller(OCN モバイル ONE)、ECサイトではAmazon.co.jpやECカレント、NTTぷらら、SoftBank SELECTION、Mi.com、ムラウチドットコム、楽天市場、楽天ブックス、量販店ではエディオンおよびケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど。

なお、日本で販売されるのは4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージとなっており、さらに防水・防塵(IP68)やおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しており、日本のオープンマーケット向けとしてはシャオミ初の防水とFeliCaに対応した製品となっています。

またRedmi Note 10Tはソフトバンクからも携帯電話サービス「SoftBank」向け「Redmi Note 10T(型番:A101XM)」としてすでに4月22日(金)より販売されています。販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格は直営店では本体価格が27,360円。

また新トクするサポート適用時実質負担額は570円/月×24回(総額13,680円)となるほか、キャンペーン「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円が割り引かれます。その他、YouTube Premiumの無料トライアルを最大2か月間延長する特典がメーカー版・SoftBank版ともに利用可能です。

そこで本記事では先行して小米技術日本(以下、Xiaomi Japan)にメーカー版をお借りしたので、開封して外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えてレビューします。なお、本体色はメーカー版がナイトタイムブルーおよびアジュールブラック、レイクブルーの3色、SoftBank版がナイトタイムブルーおよびアジュールブラックの2色で、レビューしたのはどちらにもあるナイトタイムブルーです。


Redmi Note 10Tの箱

Redmi Note 10Tは昨年にSoftBankから発売されたシャオミ初のFeliCa対応の5Gスマホ「Redmi Note 9T」の後継機種で、新たに防水(IPX5およびIPX8準拠)と防塵(IP6X準拠)にも対応したほか、SoftBank版だけでなくオープン市場向けメーカー版も販売され、メーカー版ではシャオミ初の防水とFeliCaに対応した製品となります。

チップセット(SoC)はRedmi Note 9TではMediaTek製「Dimensity 800U」(7nmプロセル製造のオクタコアCPU「2.4GHz×2+2.0GHz×6」)でしたが、Redmi Note 10TではQualcomm製「Snapdargon 480 5G Mobile Platform」(8nmプロセス製造のオクタコアCPU「2.0GHz×2+1.8GHz×6」)に変更されました。

そのため、Redmi Note 9Tの後継機種ではありますが、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」から昨年に発売された「同じSoCを搭載しているRedmi Note 10 JE(型番:XIG02)」の改良版とも言え、実際に米連邦通信委員会(FCC)の認証では多くがRedmi Note 10 JEの情報を再利用しており、ベースが同じなのだと推測されます。


箱は透明なシートで覆われてます。なお、中国製とのこと

パッケージ(箱)は白を基調として非常にシンプルとなっており、箱は薄い透明なシートで覆われています。シートを破いて箱を開けると、まずは保保護ケース(試供品)およびSIM取り出しツール(試供品)、クイックスタートガイドなどの紙類が収納されたスリーブケースがあり、その下にRedmi Note 10Tの本体が収まっています。

付属品はスリーブケースに入っているものだけで、ACアダプターやUSBケーブル、画面保護フィルム、イヤホンなどはないため、必要なら別途購入する必要があります。Redmi Note 10Tの本体や保護ケースは半透明な袋に入っているので、出します。また本体の背面には製造番号(IMEI)などが記載されたシールが貼られており、剥がす必要はありませんが、剥がすのは簡単でした。


箱を開けたところ


スリーブケースの下にRedmi Note 10Tの本体が前面を上にして収納されています


Redmi Note 10Tの同梱品一覧


Redmi Note 10Tを半透明な袋から出しているところ

ディスプレイは上部中央にパンチホールが配置されたアスペクト比9:20の縦長な約6.5インチFHD+(1080×2400ドット)TFT液晶となり、これによって最大90Hzリフレッシュレートに対応しています。コントラスト比は1500:1。またパンチホール部分には約800万画素CMOSのフロントカメラが内蔵され、AI顔認証に対応するほか、生体認証としては側面指紋センサーも搭載しています。

外観は強化ガラス「Corning Gorilla Glass 3」で画面が覆われ、ディスプレイの周りの縁(ベゼル)の上辺には受話口/スピーカーや近接センサー/光センサーが搭載されています。ベゼルや側面はガラス繊維を20%含んだポリカーボネート製で、側面はマットなつや消し塗装が施されており、音量上下キーはアルマイト処理されたアルミニウム素材ですが、電源キーは指紋センサーを兼ねていることもあってUV塗装されたエポキシ樹脂となっています。


Redmi Note 10Tの正面。画面を消した状態


Redmi Note 10Tを持ってみたところ。表示されているのは初期設定を終えた直後のホーム画面

一方、背面パネルはポリカーボネート樹脂とアクリル樹脂の混合素材で、塗装に加えてアンチグレアコーティングされたマットな質感で側面とともに指紋は付きにくくなっています。また「Redmi」ロゴなどはシルク印刷とのこと。サイズは約163×76×9.0mm(最厚部約10.3mm)、質量は約198gで、さすがに6.5インチサイズなので大きいですが、このサイズとしては特別に持ちにくいといったことはありません。


Redmi Note 10Tの背面。写真ではわからないのですが、縦にしてリアカメラモジュールの右側におサイフケータイマーク(アンテナ)があります


リアカメラの出っ張り具合

背面のリアカメラ部分がRedmi Note 9Tでは左右対称の円形だったのに対し、Redmi Note 10Tでは最近のシャオミ製品と同じく左上に長方形で配置され、リアカメラは以下のデュアル構成となっており、メインの広角カメラは4つの画素を1つにまとめて明るく撮影できる4in1 Super Pixelに対応しています。

・約5000万画素CMOS/広角カメラ(F1.8)
・約200万画素CMOS/深度カメラ(F2.4)

なお、4つの画素を1つにまとめずに5000万画素でも撮影可能で、静止画での最大撮影サイズは8000×6000ピクセルとなっており、AIスーパーナイトモードやタイムドバースト、写真フィルター、ポートレート、ムービーフレーム、プロモード、パノラマ、HDR、Google レンズ、ムービーフレーム、タイムラプス、ショートビデオなどに対応しています。


Redmi Note 10Tの左右側面。右側には音量上下キーと指紋センサーを兼ねた電源キー、左側にはSIMカード/microSDカードトレイが配置


トレイはSIMピンで引き出すタイプ


Redmi Note 10Tの上下側面。上側にはセカンドマイクや赤外線センサー、イヤホンマイク端子、下側には外部スピーカーおよびUSB Type-C端子、送話口/マイクが配置

主な仕様は5000mAhバッテリーおよび急速充電(最大18W)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、microSDXCカードスロット(最大1TB)、NFC Type A/B,IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.1、赤外線リモコン、位置情報取得(A-GPSなど)、近接センサー、周囲光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、コイン振動モーター。

なお、SoftBank版もキャリアロゴなどはなく、見た目は変わらず、メーカー版とSoftBank晩の違いはプリインストールアプリや携帯電話ネットワークの対応周波数帯となります。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMのデュアルSIMとなっており、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通り。

[メーカー版]
 4G FDD-LTE: B1/2/3/4/8/12/17/18/19/26/28
 4G TDD-LTE: B38/39/40/41(2,545-2,650MHz)/42
 5G NR: n3/n28/n77/n78

[SoftBank版]
 4G FDD-LTE: B1/2/3/4/8/12/17/18/26/28
 4G TDD-LTE(AXGP含む): B38/39/40/41(2,545-2,650MHz)/42
 5G NR: n3/n28/n77/n78


Redmi Note 10T付属の保護ケースを装着してみたところ


姉妹機であるRedmi Note 10T(左)とRedmi Note 10 JE(右)の比較。正面から見ると見分けはできないと思われます


同じくRedmi Note 10T(左)とRedmi Note 10 JE(右)の比較。背面はRedmi Note 10Tはマイクロカメラがないので、よく見れば違いがわかります。ともに左下には「Redmi」ロゴや「5G」ロゴが記載

OSはAndroid 11をベースにした独自ユーザーインターフェース「MIUI 13.0.2」がプリインストールされており、最新バージョンのiPhoneのように上部左側を下に向かってなぞると通知、上部右側を下に向かってなぞるとコントロールパネルが表示されるようになっているほか、内蔵ストレージを使ってRAMを増やせる機能「RAM拡張」などに対応しています。


左から初期設定直後のアプリ一覧(ドロワー表示したもの)、設定一覧、デバイス情報(すべて表示)。初期設定直後で内蔵ストレージは約26.8GBを利用し、残りは約37.17GBとなっていました


通知画面(画像=左)とコントロールパネル画面(画像=右)


アプリ切り替え画面(画像=左)と認証画面(画像=右)。日本向けの認証(いわゆる「技適」)は電波法に基づく工事設計認証(R)が「020-220011」、電気通信事業法に基づく技術基準適合認証(T)が「ADF220003003」


ディスプレイは90Hzリフレッシュレートに対応しているものの、初期状態では60Hzとなっていました。プリインストールアプリのうちのアンイストールできるものをすべてアンイストールすると約2.08GBが減らせます


追加設定(画像=左)とジェスチャーショートカット(画像=右)。ライトをオンにするは電源キーの2回押しのみですが、カメラを起動は電源キーの2回押しまたは音量下キーの2回押しが設定できるものの、音量下キーの2回押しでは音量下キーを押したことになってしまうのは残念なところ


ベンチマークアプリ「GeekBench v5」の結果。それぞれ3回測定した中央値を掲載。スコアはCPUのシングルコアが516、マルチコアが1687、COMPUTE(OpenCL)が1094と、Redmi Note 10 JEとほぼ同じ


標準カメラアプリのファインダー画面。なお、サードパーティー向けカメラアプリではAndroid Camera2 APIに対応しているため、RAW保存も可能


標準カメラアプリは写真のほか、ビデオやプロ、ポートレート、夜景、50M、ショートビデオ、パノラマ、モーション、タイムラプスといったモードが利用可能


Redmi Note 10Tでの撮影サンプル(屋内/蛍光灯)


Redmi Note 10Tでの撮影サンプル(屋内/蛍光灯)

最後にRedmi Note 10Tの箱を開けて外観や同梱品、基本機能などを動画で紹介しておきます。Redmi Note 10TはRedmi Note 10 JEとほぼ同等製品ではありますが、オープン市場向けのメーカー版も販売されるということで、より買いやすくなっており、低価格で購入できるおサイフケータイや防水などに対応した5G対応スタンダードスマホということで、同価格帯のarrows WeやAQUOS wishなどとともに人気となるのではないでしょうか。

https://youtu.be/kyE7oUCcxLw

<Redmi Note 10Tの主な仕様>
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約163×76×9.0mm/約198g
ディスプレイ 約6.5インチ フルHD+(2400×1080ドット)
TFT液晶
チップセット(SoC) Snapdragon 480 5G Mobile Platform
CPU(クロック数) オクタコア(2.0GHz+1.8GHz)
GPU(クロック数) Arm Mali-G57 MC2(950MHz)
内蔵メモリー(RAM) 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(別売)/最大1TB
電池容量 5000mAh
連続通話時間/
連続待受時間
FDD-LTE網 約3000分/約675時間
AXGP網 −/約667時間
カメラ 背面 有効画素数約5000万画素+約200万画素
前面 有効画素数約800万画素
最大通信速度
(下り/上り)
5G網 1.9Gbps/218Mbps
4G網 694Mbps/131.3Mbps
SIM デュアルSIM(nanoSIM+eSIM)
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE802.11a/b/g/n/ac(5GHz、2.4GHz)
Bluetooth Ver. 5.1
防水/防塵 IPX5、IPX8/IP6X
おサイフケータイ
フルセグ/ワンセグ −/−
OS Android 11
カラーバリエーション ナイトタイムブルー、アジュールブラック、レイクブルー
製造 Xiaomi Communications
Xiaomi SIMフリー スマホ Redmi Note 10T レイクブルー 【日本正規代理店品】
シャオミ(Xiaomi)
2022-04-26


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Redmi Note 10T 関連記事一覧 – S-MAX
・Redmi Note 10T – Xiaomi 日本
・Redmi Note 10T | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク