VAIO株式会社は、ノートPCの常識を超えるハイパフォーマンスの15.6型 ワイドオールインワンノートPC「VAIO S15」の新モデルを発表した。

■究極のハイパフォーマンスを実現
「VAIO S15」はVAIO PCの中でも何でもできる1台がほしいという人のための、長くしっかり使える高品質かつ高性能なオールインワンノートPCとして好評のシリーズで、新モデルにおいても同コンセプトを継承している。4K HDR表示にも対応する大画面に、前機種比最大約1.6倍の高速化を実現する最新の第12世代インテル Core Hシリーズ プロセッサー・最新規格DDR5のメインメモリー等を搭載することにより究極のハイパフォーマンスを実現したうえで、コミュニケーションを快適にする複数の先進的な機能が新たに実装されている。

『黒』と『高性能』へのこだわりを極めたスペシャルエディション「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」を同時に販売する。同エディションは驚異的なパフォーマンスを発揮する最上位のCore i9プロセッサー*2を搭載する。

スペシャルエディション「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」
スペシャルエディション「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」
スペシャルエディション「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」

*1 新モデル「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」 (Core i9-12900HK)と同前モデル(Core i9-9980HK)との比較。MAXON Cinebench Version23.200(Multi Core)、VAIO調べ。試作機における測定結果です。ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合がある。
* Wi-Fi 6Eでの接続には、Wi-Fi 6Eに対応したルーターが必要です。Wi-Fi 6Eの6GHz帯を使用するには、 総務省による6GHz帯無線LANの認可後にVAIOから提供するアップデートプログラムを適用する必要がある。
*2第12世代インテル Core Hシリーズ プロセッサーの中でも最上位グレードである「Core i9-12900HK」

<前モデル(2019年11月発表)からの主な進化点 まとめ>
1. ノートPCの常識を超えるハイパフォーマンス
・最新の第12世代インテル Core プロセッサーにおいて幅広い選択肢
-「ALL BLACK EDITION」だけのプレミアムCore i9プロセッサー
・最大2TBの第四世代 ハイスピードSSDを選択可能
・メインメモリーは最新規格DDR5を採用

2. コミュニケーションを快適にする数々の先進機能
・騒音などの環境ノイズだけを除去するAI ノイズキャンセリング機能搭載
・VAIO User Sensing 搭載で手軽に強固なセキュリティー対策が可能
・低遅延・高速・大容量の通信を実現する最新規格「Wi-Fi 6E」VAIO初対応
・ビデオチャットがより快適になるさまざまなカメラ機能を新搭載
15.6型ワイド オールインワン 「VAIO S15」(ブラック・シルバー・ホワイト)
*1 新モデル「VAIO S15 | ALL BLACK EDITION」 (Core i9-12900HK)と同前モデル(Core i9-9980HK)との比較。MAXON Cinebench Version23.200(Multi Core)、VAIO調べ。試作機における測定結果。ご使用の環境やスペック構成により、結果が異なる場合がある。
* Wi-Fi 6Eでの接続には、Wi-Fi 6Eに対応したルーターが必要です。Wi-Fi 6Eの6GHz帯を使用するには、 総務省による6GHz帯無線LANの認可後にVAIOから提供するアップデートプログラムを適用する必要がある。
*2第12世代インテル Core Hシリーズ プロセッサーの中でも最上位グレードである「Core i9-12900HK」

■「VAIO S15」製品情報

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ケーブルを気にせずどこでも設置できる!ワイヤレスWEBカメラ
・モニター裏にNintendo Switchやハードディスク、小型PCなどを設置できる!VESAマウントホルダー
・モニターの位置と角度を自在に調整できる!水平3関節タイプのモニターアーム
・パソコンが持ち帰れない学生や社会人へ!タブレットのように使える「Lenovo 300e Chromebook Gen3」
・月額2,200円のサブスクリプションサービスを開始!AI翻訳・字幕ソフト「ポケトーク字幕」