iPhone SE(第3世代)をファーストインプレッション!代わり映えはしないのが魅力


既報通り、Appleが新たに発表した5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第3世代)」が同社や量販店などのApple Premium Reseller、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンク、ウィルコム沖縄、楽天モバイルなどの各社から3月18日に発売されました。各販路における価格などのまとめはすでに紹介している通りです。

iPhone SE(第3世代)は廉価モデルとして展開している「iPhone SE」シリーズの第3弾で、前機種「iPhone SE(第2世代)」と同様に4.7インチ液晶や指紋認証「Touch ID」を内蔵したホームキーを搭載したオールドスタイルを継承しつつ、新たに最新の「iPhone 13」シリーズと同様のチップセット(SoC)「Apple A15 Bionic」を搭載することで高性能となったほか、新たにiPhone SEシリーズでは初の5Gに対応しています。

そんなiPhone SE(第3世代)を筆者もさっそく購入して発売日にゲットしましたので、まずは開封してパッケージ(箱)や同梱品、外観、基本機能を写真を交えて紹介したいと思います。なお、購入したのはスターライトの128GBで、購入場所はヨドバシカメラの通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」です。


筆者はiPhone 5以降はApple直販のメーカー版(SIMフリー製品)をAppleの公式Webストア(公式Webサイト内およびアプリ「Apple Store」)で購入してきましたが、ヨドバシ・ドット・コムでメーカー版が販売され出したiPhone SE(第2世代)、そして昨年発売された「iPhone 13 Pro Max」をヨドバシ・ドット・コムで購入し、今回も続けてヨドバシ・ドット・コムでの購入となりました。

ヨドバシ・ドット・コムではAppleの公式Webストアのように注文情報で細かな出荷状況などが確認できず、iPhone SE(第2世代)では最初だったこともあってか発売日に届かなかったり、iPhone 13 Pro Maxでは予約注文時にアクセス過多によって完了ページが表示されなかったりしていましたが、iPhone SE(第3世代)は予約から出荷案内、到着まで非常にスムーズでした。


iPhone SE(第3世代)の箱。iPhone 13シリーズなどに引き続いて透明なフィルムで覆われていない

具体的には予約開始直後の3月11日22時02分に予約注文が完了したメールとクレジットカード決済利用確認完了のメール、発売日前日の3月17日23時8分にヨドバシエクストリームサービス便の注文商品出荷のメールが届き、発売日の3月18日8時34分に注文商品配達開始、同日9時22分に注文商品配達完了(受け取り)となりました。

もちろん、NTTドコモなどの移動体通信事業者(MNO)の携帯電話回線を契約しているので、Apple直販で8,800円OFFにしたり、楽天モバイル 楽天市場店などで購入したほうが安くはなりますが、スムーズに購入できるならヨドバシ・ドット・コムは使い慣れていますし、まさに楽なので今後も利用したいところです。


箱は透明なフィルムに覆われている代わりに下部の両端にシールを剥がすと開けられるようになっています。開けやすいのでグッド

箱は上部にiPhone SE(第3世代)の前面が描かれ、iPhone SE(第2世代)のときとほぼ同じように見えますが、同梱品が減ったこともあって厚みは薄くなり、さらに箱の下部にあるシールを剥がすと開けられるタイプになりました。

また箱を開けるとiPhone SE(第2世代)ではまず紙類やSIMピンが入ったスリーブケースが現れましたが、iPhone SE(第3世代)では本体が一番上に背面を上にして収納されていました。その下にLightning – USBケーブルと紙類やSIMピンが入ったスリーブケースが入っています。


箱を開けるとまず最初にiPhone SE(第3世代)の本体が収まっています

さらにiPhone SE(第3世代)ではiPhone SE(第2世代)のときには付属していたUSB電源アダプターやEarPods with Lightning Connector(イヤホン)がなくなりました。そのため、スマホをはじめて購入するなどでUSB電源アダプターがない場合には別途、USB電源アダプターを購入する必要があります。

またAndroidスマホでは購入時に画面保護フィルムが貼られていたり、透明ケースが付属したりしていますが、iPhoneではそういったものはないので必要なら別途購入しておきたいところです。なお、ケースは既存のiPhone SE(第2世代)などのものが使えると思われ、少なくとも手持ちのiPhone SE(第2世代)用ケースは特に問題なく装着できていました。


同梱品一覧。iPhone SE(第3世代)の本体およびLightning – USBケーブル、SIMピン、マニュアルやAppleロゴのシールなどの紙類


iPhone SE(第3世代)に貼られている保護シートを剥がします


本体右側面にある電源キーを長押しして電源をオンにします。必要ならnanoSIMカード(4FF)もSIMカードスロットをSIMピンで引き出して装着しておきます

画面は約4.7インチ750×1334ドットIPS液晶Retina HDディスプレイで、背面はiPhone SE(第2世代)と同様にガラス仕上げの背面パネルとなっていますが、新たにiPhone 13シリーズと同様に市場で最も硬くなっているとのこと。またワイヤレス充電(Qi)にも対応しています。

画面はTrue Toneテクノロジーを採用しており、ホワイトバランスを周囲の光に合わせて調整し、より自然でまるで紙を見ているような視覚体験を実現。また鮮やかな広色域ディスプレイ(P3)で正確な色で、Dolby VisionとHDR10コンテンツの再生に対応しています。コントラスト比は1400:1、最大輝度は625nit、耐指紋性撥油コーティング、触覚タッチなどに対応。


iPhone SE(第3世代)を持ってみたところ。画面は初期設定が終わった直後のホーム

本体色はiPhone SE(第2世代)がホワイトとブラック、(PRODUCT)REDの3色でしたが、iPhone SE(第3世代)ではスターライトとミッドナイト、(PRODUCT)REDの3色となり、色味が若干異なりますが、ほぼ同様の系統のカラーバリエーションとなっています。

なお、白系のiPhone SE(第2世代)のホワイトとiPhone SE(第3世代)のスターライトを比べると、ホワイトは若干青みがある寒色系の白だったのに対し、スターライトはその名前の通りに少しベージュもしくはクリームがかった暖色系の白といった感じです。また前面は両機種の各色ともにブラックとなっています。


iPhone SE(第3世代)の背面。中央にAppleのロゴがあり、iPhone SE(第2世代)と同様に下部の「iPhone」ロゴはありません


左からiPhone 8、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)、iPhone 12 miniを並べたところ。各機種ともに白系の比較

電池持ちは電池パックと内部設計の改善によってiPhone SE(第2世代)よりも持つとされており、実際に電池パックの容量はiPhone SE(第2世代)の1821mAhから2018mAhと増量しており、ビデオ再生で最大15時間、ビデオ再生(ストリーミング)で最大10時間、オーディオ再生で最大50時間。

30分で最大50%の高速充電(別売の20W以上のACアダプターを使用)に対応しています。さらにこれまで通りに防水(IPX5およびIPX7準拠)および防塵(IP6X準拠)に対応し、決済サービス「Apple Pay」(FeliCa)にも対応しており、内蔵メモリー(RAM)もiPhone SE(第2世代)の3GBから4GBに増量されました。


リアカメラは引き続いて1200万画素のシングルカメラに。その分、モジュールサイズは小さく、出っ張りも少ない

カメラはiPhoneシリーズで最高のシングルカメラを搭載し、約1200万画素CMOS/広角レンズ(F1.8、6P)のリアカメラとなっており、ポートレートモードのようなコンピュテーショナルフォトグラフィの利点を最大限に活用してDeep Fusionや暗所性能向上など。光学式手ぶれ補正(OIS)やLED True Toneフラッシュなどに対応。フロントカメラは約700万画素CMOS/広角レンズ(F2.2)。

ボタン配置はiPhone SE(第2世代)から変更がなく、3.5mmイヤホンマイク端子はiPhone 7からなくなっており、左側面に音量上下ボタンおよびサイレントモードのオン・オフスイッチ、下側面にLightning端子やデュアルステレオスピーカーを備えます。

そのため、部品配置はiPhone 6以降で同じですし、電源オンなどの多くの操作は同じとなっているのですでに使ったことがあれば問題なく使えると思われ、逆にすでにiPhone X以降の全画面デザインに乗り換えている人で久しぶりにホームキーのあるiPhoneを触ったという人は戸惑うかもしれません。


iPhone SE(第3世代)の左右側面。右側には電源キーとnanoSIMカード(4FF)スロット、左側には音量キーとマナースイッチが配置


iPhone SE(第3世代)の上下側面。下側にはLightning端子やステレオスピーカーなどが配置

その他、2×2 MIMOやWi-Fi 6に対応した2.4および5GHzデュアルバンド対応のIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、リーダーモード対応NFC、位置情報取得(A-GPS+GLONASS+Galileo+QZSS+BDS)、電子コンパス、3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、気圧センサー、iBeaconマイクロロケーションを搭載。

通信方式には2G(GSM方式)および3G(W-CDMA方式・CDMA方式)、4G(FDD-LTE方式・TD-LTE方式)、5G(NR方式)に対応。5GはSub6のみに対応し、ミリ波には非対応。2×2 MIMOやLAA、高音質通話サービス「VoLTE」に対応。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMによるデュアルSIMとなっており、日本で販売される製品(モデル名:A2782)の対応周波数帯は以下の通り。

5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n77、n78、n79)
FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、30、32、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)


初期設定直後のホーム画面は2枚で左画像は2枚目のもの。またそのさらに右側に「App ライブラリ」があります(画像=右)

OSはiOS 15.4がプリインストールされています。電源オフをするための電源メニューを表示するには電源キーの長押しで良かったり、画面上部右側のバッテリーアイコンのところに数値で電池残量を表示できたりといった点はホームキーのあるオールドスタイルなiPhoneの魅力でもあります。


設定の「一般」→「情報」では日本向けのモデル名が「A2782」であることが示されています(画像=左)。日本向けの認証(いわゆる「技適」)は認証番号が電波法に基づく(R)が「003-210372」、電気通信事業法に基づく(T)が「ADF210241003」。なお、中国製とのこと


電源キーの長押しで電源メニュー(画像=左)が表示されたり、設定の「バッテリー」にてバッテリー残量(%)をオンにすれば画面上部右側で常に確認が可能(画像=右)


ベンチマークアプリ「Geekbench 5」のCPUの結果(スコアはシングルコアが「1737」、マルチコアが「4652」)と「3DMark」のWild Life Extremeの結果(スコアは「2012」)。なお、Apple A15 BionicのCPUの最大周波数帯は3.23で、マザーボードは「D49AP」、モデルIDは「iPhone14,6」


SoCはiPhone 13シリーズのApple A15 Bionicと“同じ”とされていますが、GPUはiPhone 13・13 miniとiPhone 13 Pro・13 Pro Maxで違うようにiPhone SE(第3世代)はiPhone 13・13 miniとも違うのかiPhone 13 miniよりもグラフィックス性能を測る3DMarkの結果は振るいませんでした

製品 iPhone SE
(第3世代)
iPhone SE
(第2世代)
iPhone SE iPhone 8 iPhone 13 mini
発売時期 2022年3月 2020年4月 2016年3月 2017年9月 2021年9月
画面 4.7型 4.7型 4.0型 4.7型 5.4型
大きさ 138.4×67.3×7.3mm 138.4×67.3×7.3mm 123.8×58.6×7.6mm 138.4×67.3×7.3mm 131.5×64.2×7.65mm
重さ 144g 148g 113g 148g 140g
SoC A15 A13 A9 A11 A15
モデム Qualcomm
SDX57M
Intel
PMB9960
Qualcomm
MDM9625M
Qualcomm
MDM9655
Qualcomm
SDX60M
RAM 4GB 3GB 2GB 2GB 4GB
電池容量 2018mAh 1821mAh 1624mAh 1821mAh 2406mAh
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPhone SE(第3世代) 関連記事一覧 – S-MAX
・iPhone SE – Apple(日本)