工事することなく現在の固定電話番号も引き継げる!docomoが固定電話サービス「homeでんわ」を3月29日に提供開始


NTTドコモは24日、現在利用中の固定電話機と市外局番から始まる固定電話番号をそのまま使えるモバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」を2022年3月29日(火)に提供開始すると発表しています。同社は合わせて専用機種「homeでんわ HP01」(シャープ製)を発売します。

料金(金額はすべて税込)は初期費用として契約事務手数料2,200円と番号継続登録料2,200円がかかり、利用料として料金プラン「homeでんわ ライト(月額基本料金:1,078円)」および通話中着信や転送でんわなどがセットになった「homeでんわ ベーシック (月額基本料金:2,178円)」の2つから選べます。

また同社のスマートフォン(スマホ)またはホームルーター「home 5G」を契約している場合には「homeでんわ セット割」が適用され、homeでんわの月額基本料金が528円割引となるため、homeでんわ ライトなら月額550円から、homeでんわ ベーシックなら月額1,650円から利用可能となります。なお、homeでんわは契約期間の設定がなく、解約金などの費用も発生しません。

homeでんわのサービスは全国のドコモショップおよび量販店などで申し込みでき、申し込んだ即日からサービスを使えます。ただし、番号ポータビリティーで申し込む場合は即日利用開始はできないということです。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ではhomeでんわ HP01は取り扱われず、homeでんわの申し込みもできないとのこと。

homeでんわ HP01の価格は各店舗によって決められ、NTTドコモとしては案内していないとしています。なお、homeでんわの提供開始に先立って同社では3月25日(金)から事前予約受付を開始します。さらにキャンペーンを実施し、homeでんわ HP01を購入してhomeでんわ ベーシックを新規契約し、継続して3ヶ月間利用した場合にdポイント(期間・用途限定)を3,300ポイントプレゼントするということです。

homeでんわは固定電話機とhomeでんわ HP01を電話線でつなぐことによって工事をすることなく簡単に利用でき、市外局番「03」などから始まる固定電話番号から受発信ができるNTTドコモのモバイルネットワークを利用した固定電話サービスです。ただし、緊急番号(110、119など)への発信については070/080/090番号での発信となります。

これにより、新生活の開始など、新たに固定電話番号が必要となった場合に固定電話機とhomeでんわ HP01を用意することで、工事をすることなく、簡単に利用開始できるほか、現在固定電話サービスを利用中の場合もhomeでんわのサービスに申し込みの上、利用中の固定電話機にhomeでんわ HP01を接続するだけで簡単に移行可能です。

なお、番号ポータビリティーは東日本電信電話(
NTT東日本)および西日本電信電話(NTT西日本)の「加入電話(ISDN含む)」で新規に払い出された電話番号に限り、NTT東日本およびNTT西日本の加入電話(ISDN含む)で払い出された番号を他社へ番号ポータビリティーして利用している場合でも利用可能です。ひかり電話の番号帯は利用できません。

<home電話の特長>
・固定電話サービスを工事することなく、簡単に利用開始可能、FAXやナンバーディスプレイ表示も利用可能
・現在利用の市外局番からはじまる固定電話番号をそのまま利用可能(番号ポータビリティー)
・NTTドコモのスマホなどを契約している場合にはセット割で月額550円から利用可能
・固定電話サービスの利用料金の支払いでもdポイントまたはドコモビジネスポイントが貯まってお得

プラン名 homeでんわ ライト homeでんわ ベーシック
月額基本料金 割引適用前 1,078円 2,178円
homeでんわセット割 ▲528円 ▲528円
homeでんわセット割適用後 550円 1,650円
通話料 国内通話料 固定電話への通話:8.8円/3分
携帯電話への着信:17.6円/分
割引サービス 家族内またはビジネスグループ内の通話無料 家族内またはビジネスグループ内の通話無料
550円分の無料通話付き
付加機能使用料 FAX(無料) 利用可能
通話中着信(330円) 契約機能ごとに課金 追加料金不要で全てご利用可能
転送でんわ(550円)
発信者番号表示(440円)
ナンバー・リクエスト(220円)
迷惑電話ストップサービス(220円)

homeでんわ HP01

homeでんわ HP01はhomeでんわのサービスを利用するための専用機種で、homeでんわ HP01を電源(コンセント)につなぎ、固定電話機と電話線でつなぐだけで工事をすることなく簡単にhomeでんわを利用開始できます。外観もインテリアに馴染むコンパクトでやさしいデザインのフォルムとなっており、本体カラーはDark Grayの1色のみ。

サイズは約95×95×42mm、質量は約184g。通信方式は4G(LTE方式)に対応し、インターフェースはRJ11(FXS)が1つあり、電源はACアダプター(AC 100-120V、50/60Hz、DC 12V・1A)で消費電力は最大4.1Wとなっています。付属品はACアダプターおよびモジュラーケーブル(試供品)、SIM取り出しツール(試供品)。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・homeでんわ 関連記事一覧 – S-MAX
・報道発表資料 : 「homeでんわ」の提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ
・homeでんわ HP01 docomoの特長|AQUOS:シャープ