KDDIは去る2022年3月15日(火)、「GINZA 456 Created by KDDI」と「KDDI DIGITAL GATE」にて、5G SA×8Kを利用した「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」サテライトライブイベントを開催した。

■まるでライブ会場にいるような臨場感・一体感を体験可能
GINZA 456会場では「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」を5G SA×8Kを用いて同時にライブ配信し、KDDI DIGITAL GATEでは8KVR映像 (3D180度)を体験できるコーナーを設置。Xperiaスマートフォンを用いた5G SA無線による低遅延のライブ配信により、ほぼリアルタイムでライブを体験できるだけではなく、 8Kライブ配信※や8KVR映像(3D180度)体験によりまるでライブ会場にいるような臨場感・一体感を体験可能にした。
※安定通信のために一部固定回線を使って8K配信を行った

さらに、MCによるトークコーナーでは、5G SAスマートフォンを送受信機として使用しライブ会場にいるような形でのコール&レスポンスも実施。本会場さながらの一体感で、大盛況となった。

〇いとうせいこう「高画質、時差のない配信で届くのは嬉しいですね」
MCのいとうせいこう、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、emma3名が無観客のライブ会場から、GINZA 456でのサテライト参加者に呼びかけを実施。
遠隔配信にも関わらず、時差のないやり取りでGINZA 456の参加者も手を振るなど、MCの呼びかけに楽しそうに反応していた。
そのスムーズなやり取りを受けて、いとうせいこうは「 5G SAによる8Kの高画質やこういった時差のない配信でライブが届くのは嬉しいですね」と笑顔でコメントした。

〇サテライトライブ参加者の感想
「GINZA 456 Created by KDDI」のサテライトライブ参加者は、次のようにそれぞれの感想を語った。
「画質が綺麗なところと、音と口の動きにズレがないところが良かったです。」
「自分でもアカペラで音楽活動をしているんですが、実際にオンラインライブをすると「ラグがあるんだろうな…」と思うことが結構ある。」
「配信のラグがなくなることで、そういった心配もなくなるし、オンラインで見ている人も違和感なく楽しめるので、新しい形でライブができるようになるのは嬉しいしこれからが楽しみです。」

■5G SA配信で実現した3つの特徴
5G SA配信は、次のような3つの特徴がある。