SoftBankにてeSIMが利用できるようになる物理SIMが提供に!


ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにプロファイルをダウンロードして「eSIM」が利用できるようになる専用の物理SIM(USIM)カード「eSIMカード」を2022年3月中旬以降に提供開始するとお知らせしています。

合わせて5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6(型番:A101SH)」(シャープ製)および「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」(バルミューダ製)に対してeSIMカードに対応させるためのソフトウェア更新を提供するとのことで、AQUOS R6 A101SHに対してはすでに2月16日よりすでに順次提供しています。

AQUOS R6 A101SHへのソフトウェア更新はeSIMカードへの対応に加え、セキュリティーの向上となっているほか、それ以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれているとしています。更新後のビルド番号は「S0031」で、更新には最大20分程度がかかるとしています。

eSIMは遠隔で加入者情報(プロファイル)を書き込みできるSIMで、通常の物理的なSIMカードの発行や郵送などの手続きが不要となるため、オンライン本人確認システム「eKYC」を組合わえることでオンラインで申込から開通まで完結できるほか、SIMカードの抜き差しが不要となります。

通常はスマートフォン(スマホ)などに内蔵されていますが、今回、ソフトバンクではeSIMに対応する物理SIMカードとしてeSIMカードを提供することになりました。eSIMカードは専用USIMカードとなっており、eSIMカードをスマホなどに装着してeSIMカードにeSIMプロファイルをダウンロードして利用します。

なお、eSIMを利用しない場合にはこれまでの通常のUSIMカードを装着して利用できます。詳細な利用方法については3月中旬に同社の公式Webページ( https://www.softbank.jp/support/faq/view/57252 )にて案内予定とのこと。またBALMUDA Phone A101BMのeSIMカードへ対応するためのソフトウェア更新は3月に提供予定となっています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・AQUOS R6 関連記事一覧 – S-MAX
・BALMUDA Phone 関連記事一覧 – S-MAX
・eSIMカードについて教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク
・AQUOS R6をご利用中のお客さまへ(2022年2月16日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
・ソフトバンク