SoftBank向けシンプルスマホ5のソフトウェア更新が一時停止!


ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け4G対応スマートフォン(スマホ)「シンプルスマホ5(型番:A001SH)」(シャープ製)に対して2022年2月9日(水)より提供していたソフトウェア更新を停止したとお知らせしています。

同社では「確認すべき項目が検知」されたためとしていますが、開発元のシャープではソフトウェア更新後に「まれに再起動を繰り返す事象が確認されました」としています。対象のビルド番号は「14JP_1_470」。なお、シャープでは修正するソフトウェアの提供を検討中のため、不便を掛けるものの、それまで待つよう案内しています。

シンプルスマホ5は大きな文字やアイコン、そしてシンプルなデザインのホーム画面で簡単に操作できるようになっているなどとスマホ初心者でも簡単に使えるように工夫されているシャープのSoftBank向け「シンプルスマホ」シリーズとして2020年9月に発売されました。

主な仕様は約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶やSnapdragon 450、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、4000mAhバッテリー、Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、耐衝撃(MIL-STD-810G準拠)、ワンセグ、Android 10、Google Playなど。

またインターネットにつながらなくなったり、着信音が鳴らなくなったりした場合などにホーム画面のサポートボタンを押すだけでお困りの状態を解決する機能「押すだけサポート」(特許取得済み)を搭載しているほか、通話も騒がしい場所でも会話が聞き取りやすい「トリプルくっきりトーク」や電話中に相手の声がゆっくり聞こえるようにすることで内容を聞き取りやすくできる「スロートーク」にも対応しています。

カメラは背面に約1300万画素裏面照射型CMOS/広角レンズと約500万画素裏面照射型CMOS/深度カメラのデュアルリアカメラ、全面に約800万画素裏面照射型CMOS/広角レンズのフロントカメラを搭載し、生体認証として顔認証に対応。サイズは約154×70×9.3mm、質量は約168g、本体カラーはシャンパンゴールドおよびネイビーブルー、ワインレッドの3色展開。

そんなシンプルスマホ5に2月9日よりセキュリティーの向上を行うためのソフトウェア更新が提供されていましたが、更新後にまれに再起動を繰り返す不具合が確認されたため、2月17日より該当するソフトウェア更新が一時停止されています。ソフトバンクではソフトウェア更新の再開については準備ができ次第、案内するとしています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・シンプルスマホ5 関連記事一覧 – S-MAX
・シンプルスマホ5をご利用中のお客さまへ(2022年2月17日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
・「シンプルスマホ5」ソフトウェアアップデート停止のお知らせ|AQUOS:シャープ
・シンプルスマホ5 ソフトバンクの特長|AQUOS:シャープ