SHARPがAndroid 12へのOSバージョンアップ対象機種をお知らせ!


シャープは13日、日本向けの同社製スマートフォン(スマホ)・タブレットにおける最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップ対象機種を案内しています。すでにNTTドコモ向けや楽天モバイル向けについてはそれぞれの携帯電話会社から案内がありましたが、他のauやSoftBankやY!mobile、UQ mobile、仮想移動体通信事業者(MVNO)、メーカーブランドともに明らかとなっています。

同社では2017年夏モデル以降の「AQUOS」シリーズの製品については発売から2年間のOSバージョンアップを保証しているほか、Googleが展開する「Android One」シリーズについては発売から2年間で最低1回以上のOSOSバージョンアップを実施することになっています。

そのため、すでに2回以上のOSバージョンアップが実施されている「AQUOS R3」や「AQUOS sense3」シリーズ、「AQUOS zero」、「AQUOS R2 compact」、「Android One S7」、「Android One S5」などの機種についてはAndroid 12へのOSバージョンアップは見送られています。なお、対象機種については現在、Android 12の提供に向けて準備中ということです。

シャープの日本国内向けスマホおよびタブレットにおけるAndroid 12へのOSバージョンアップ対象機種は以下の通り。同社では今年9月に開催した新製品発表会でもOSバージョンアップに力を入れていることを紹介しており、2021年の実績としてAndroid 11へのOSバージョンアップを42製品に提供しています。

また2022年1月中旬以降に発売予定のau向け「AQUOS wish SHG06」やSoftBank向け「AQUOS wish」については発売時にAndroid 11をプリインストールしていますが、まだ発売前ということでリストには掲載されていません。そのため、現時点におけるAndroid 12へのOSバージョンアップ予定なのは36製品となっており、SIMフリーのAQUOS wishを含めると38製品となります。

○NTTドコモ
・AQUOS sense6 SH-54B
・AQUOS R6 SH-51B
・AQUOS sense5G SH-53A
・AQUOS sense4 SH-41A
・d-tab d-41A
・AQUOS R5G SH-51A
・AQUOS zero2 SH-01M

○au by KDDI
・AQUOS sense6 SHG05
・AQUOS zero6 SHG04
・AQUOS sense5G SHG03
・AQUOS zero5G basic SHG02
・AQUOS R5G SHG01
・AQUOS zero2 SHV47

○SoftBank
・AQUOS zero6
・AQUOS R6
・Leitz Phone 1
・AQUOS sense5G
・AQUOS zero5G basic
・AQUOS R5G
・AQUOS zero2

○Y!mobile
・AQUOS sense4 basic

○UQ mobile
・AQUOS sense5G SHG03

○楽天モバイル
・AQUOS sense6 SH-RM19
・AQUOS zero6 SH-RM18
・AQUOS sense4 plus SH-M16
・AQUOS sense4 lite SH-RM15
・AQUOS R5G SH-RM14

○メーカーブランド(SIMフリー製品)
・AQUOS sense6 SH-M19
・AQUOS R6 SH-M22
・AQUOS sense5G SH-M17
・AQUOS sense4 plus SH-M16
・AQUOS sense4 SH-M15
・AQUOS zero2 SH-M13

○その他
・AQUOS sense5G A105SH(ジャパネット取扱製品)
・AQUOS sense5G SHG03(J:COM向け製品)
・SH-T01(法人専用)

SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense6 RAM 4GB/ROM 64GB eSIM対応 シルバー
SHARP(シャープ)
2021-11-26


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Android 12 関連記事一覧 – S-MAX
・OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ