LINEアプリが事前にPINコードを登録すれば旧機種が使えなくてもトーク履歴を直近14日間復元できるように!


LINE Corp.は20日、同社が提供するコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリにおいて事前にバックアップ用のPINコードを設定しておくことで故障や紛失などでそれまで使っていたスマホなどの機種が使えない場合でも直近14日間分のトーク履歴を復元できるようになったとお知らせしています。

これにより、旧機種が使えない場合以外でもトーク履歴のバックアップをしていない場合や異なるOS間での引き継ぎでも直近14日間分のトーク履歴の復元ができるようになりました。なお、バックアップ用のPINコード(6桁)を登録するにはAndroid向けおよびiOS向けLINEアプリのVersion 12.13.0以上にする必要があるとのこと。

また同じOS間でバックアップをしている場合には直近14日間分のトーク履歴に加えてバックアップ分のトーク履歴の復元が可能で、旧機種が使える状態なら旧機種のLINEアプリで「ホーム」→「設定」ボタン→「かんたん引き継ぎQRコード」にてQRコードを表示して新機種で読み取るだけで簡単に引き継ぎができるようになっています。


LINEアプリでは機種変更をしたときなどにおけるアカウントの引き継ぎを行うためにさまざまなログイン方法が用意されており、従来までは携帯電話番号やAppleアカウント、Googleアカウント、Facebookアカウントでログインするようになっていましたが、今年6月からは旧機種でQRコードを表示してそれを新機種で読み取るだけで簡単に移行できるようになっています。

そんなLINEアプリですが、今回、さらに事前に6桁のPINコードを設定しておけば、旧機種が使えない状態だったりしても新機種でログインでき、かつその場合でも直近14日間のトーク履歴を復元できるようになりました。PINコードの登録方法は以下の通り。

<Androidの場合>
1)LINEアプリのホームから右上にある「設定」(歯車)ボタンを押します
2)「トークのバックアップ・復元」を押します
3)初めてトークのバックアップを取る場合は「今すぐバックアップ」を押し、トークのバックアップをしたことがある場合は「PINコードを作成してトーク履歴をバックアップ」を押します
4)バックアップ用の6桁のPINコードを入力します

<iPhone(iOS)の場合>
1)LINEアプリのホームから右上にある「設定」(歯車)ボタンを押します
2)「トークのバックアップ」を押します
3)初めてトークのバックアップを取る場合は「今すぐバックアップ」を押し、トークのバックアップをしたことがある場合は「PINコードを作成してトーク履歴をバックアップ」を押します
4)バックアップ用の6桁のPINコードを入力します


アプリ名:LINE(ライン)
価格:無料
カテゴリー:通信
開発者:LINE Corporation
バージョン:デバイスにより異なります
Android 要件:デバイスにより異なります
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=jp.naver.line.android


アプリ名:LINE
価格:無料
カテゴリー:ソーシャルネットワーキング
開発者:LINE Corporation
バージョン:12.15.1
互換性:iOS 14.0以降またはiPadOS 14.0以降が必要です。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id443904275?mt=8


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・LINE 関連記事一覧 – S-MAX
・LINEアカウントを引き継ぐ|LINEみんなの使い方ガイド
・LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE
・バックアップ用のPINコードを登録する|LINEみんなの使い方ガイド