App Storeのアプリやアプリ内課金が日本を含む対象国・地域で10月5日より値上げ!


Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPad、macOSなど向けアプリ配信マーケット「App Store」において日本を含む対象国・地域におけるアプリやアプリ内課金(自動更新サブスクリプションを除く)の価格を2022年10月5日(水)より値上げするとお知らせしています。

値上げ幅は例えば、120円で販売されているものが160円、250円が320円、730円が1,000円などというように日本では3割程度値上げとなるということです。またベトナムでは、0.5%の付加価値税(VAT)および5%の法人所得税(CIT)を含む適用税の徴収および納付をAppleに義務付ける新しい規制も反映されているとのこと。

さらにこれに基づいてApp Storeにてアプリを配信している開発者の収益額も調整され、収益額は税抜額に基づいて計算されます。有料アプリ契約の添付書類Bが更新され、Appleがベトナムで該当税を徴収し納付する旨が反映されるようになります。これらの変更が有効になり次第「マイApp」の「価格および配信状況」セクションの情報が更新されます。

なお、開発者はアプリおよびアプリ内課金(自動更新サブスクリプションを含む)の価格をApp Store Connectからいつでも変更できるほか、サブスクリプションを提供している場合には既存のサブスクリプション登録者への価格を維持するオプションも選択できるとしています。

App Storeではアプリの開発者が価格を決定していますが、Appleでは手数料として15〜30%を取っています。今回、このアプリとアプリ内課金の価格が対象国・地域で10月5日から値上げされます。対象国・地域は日本やチリ、エジプト、マレーシア、パキスタン、ポーランド、韓国、スウェーデン、ベトナムおよびユーロを通貨とする全地域となっています。

有料アプリの価格はTier1〜87までに設定でき、現在は日本ではTier1が120円(84円)、Tiar87が119,800円(83,860円)ですが、これが10月5日からTier1が160円、Tier87が158,800円となります。なお、カッコ内は手数料30%の場合の開発者が受け取れる収益額です。現在のアプリ価格と10月5日以降のアプリ価格の詳細は以下の通り。

<現在>


https://itunespartner.apple.com/assets/downloads/180919Japan.pdf

<2022年10月5日以降>


https://developer.apple.com/support/downloads/price-tier-updates/App-Store-Price-Tier-Updates-October-2022.pdf

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・App Store 関連記事一覧 – S-MAX
・AppおよびApp内課金の税金と価格の変更について – 最新ニュース – Apple Developer
・Apple