オウガ・ジャパン初のタブレット「OPPO Pad Air OPD2102A」が登場!


オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、10.3インチサイズのAndroidタブレット「OPPO Pad Air(オッポ パッド エアー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて発表しています。日本市場で販売されるのはWi-Fi版(型番:OPD2102A)で、2022年9月30日(金)より順次発売されるとのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップ やOPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店といった公式Webストアでは37,800円となっており、発売に先立って2022年9月26日(月)11時より順次予約受付を実施するということです。

また販路は他にもコジマや上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイトとなっています。

OPPOでは海外でも今年に入ってからタブレットを展開しており、OPPO Pad Airは初代「OPPO Pad」に続いてより薄く軽く安くなっており、チップセット(SoC)にはOPPO PadがQualcomm製「Snapdragon 870」を搭載するのに対し、OPPO Pad AirはQualcomm製「Snapdragon 680」を搭載し、日本でも手頃な価格ながらもしっかりと使えるミッドレンジモデルとなっています。

ディスプレイは約10.36インチ2K(2000×1200ドット)IPS液晶(225ppi)で、リフレッシュレートは60Hz、タッチサンプリングレートは120Hz、明るさは360nits、色域はNTSC 71%、表示色は10億となっており、画面占有率83.5%に達する画面の周りの縁(ベゼル)の狭いデザインを採用しています。

背面パネルはアルミニウム合金によって高い強度を誇っており、さらにOPPO独自の背面加工技術「OPPO Glow(オッポグロウ)」を採用し、繊細な輝きとつい触れたくなるサラサラとした高い質感で汚れや指紋がつきにくく、デザイン面と実用面、両方において優れています。本体色はナイトグレーの1色で、サイズは約245.1×154.8×6.9mm、質量は約440g。

最大の特長のひとつは“高音質”で、左右対称に配置された4つのスピーカー「クアッドステレオスピーカー」に加えて映画館などでも採用される立体音響方式Dolby Atmosに対応しており、迫力のある低音や臨場感のあるサウンドを実現します。また動画や映画、音楽などで大迫力の360度サウンドを様々な場所で体感でき、日常生活や移動時間でも気軽に没入体験を楽しめます。

主な仕様は4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、急速充電「USB PD」(最大18W)、USB Type-C端子(USB 2.0)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.1、顔認証、地磁気センサー、光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサーなど。3.5mmイヤホンマイク端子は非搭載。カメラの構成は以下の通り。

<リアカメラ>
・約800万画素CMOS/広角レンズ(F2.0、画角80°、4P)

<フロントカメラ>
・約500万画素CMOS/広角レンズ(F2.2、画角77°、3P)

RAMはLPDDR4X(16bitsデュアルチャンネル2133MHz)、ストレージはUFS 2.2を採用。またバッテリーは7100mAhの大容量なので、連続動画視聴時間は最大で約12時間、連続音楽再生時間は最大で約83時間、充電を行わずに様々なコンテンツを長時間楽しむことができ、18Wの急速充電機能を搭載しているので短い時間で充電することができ、バッテリー切れのストレスを感じることなく使用することができます。

OSはAndroid 12ベースの独自ユーザーインターフェース(UI)「ColorOS 12」をプリインストールしており、アプリを開いた状態から4本の指でピンチまたは下から上にスワイプするとフローティングウインドウに切り替わって画面上を自由に調整できたり、目が疲れにくくてより滑らかに”読める”機能「アイコンフォート」を搭載し、ONにして画面を白黒に設定することで文字が読みやすくなるため、電子書籍等を読む時に最適なモードです。

また家族で1台のタブレットを使う場合に心配になるのはプライバシーですが、マルチユーザー機能があるので使うアプリや撮った写真などを共用させずに合計4人までユーザーごとに切り替えて使用できます。さらにユーザーを切り替えると、他のユーザーの画面や設定、通知なども一切見ることができないため、タブレットを共有する他のユーザーに気兼ねなく利用することができます。

さらに小さい子供が使う際は「キッズスペース」を使えば、年齢や興味に適したアプリ、書籍、動画にアクセスできるほか、Googleアカウントはファミリーリンクで管理できるのでとても安心で便利です。その他にもOPPOのワイヤレスイヤホンならケースを開けるだけで簡単にペアリングができ、次回からはケースを開けるだけで自動で接続されるので毎回接続する煩わさしから解放されます。同梱品はSDカード取出用ピンと紙類のみ。


OPPO公式楽天市場店

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・OPPO A77 関連記事一覧 – S-MAX
・OPPO Pad Air 薄型軽量デザインに見やすい大画面 | オウガ・ジャパン
・OPPO Mobile for Smartphones & Accessories | オウガ・ジャパン