株式会社オーディオテクニカは、創業60周年を記念して発売されるMCカートリッジ『AT-MC2022』とヘッドホン『ATH-W2022』の先行情報を公開した。

■プロフェッショナルが認める高い技術力を結集したプロダクト
同社は、1962年にカートリッジの製造・販売から始まり今年で60周年を迎えた。今では、祖業の製品であるカートリッジをはじめ、マイクロホンやヘッドホンなど振動を電気信号に変えるトランスデューサー(変換器)メーカーとしてさまざまな製品を開発している。60周年を迎えた本年は、これまで継承してきた伝統と培ってきたノウハウ、プロフェッショナルが認める高い技術力を結集したプロダクトを発売する。

その第一弾として発表するのが、MCカートリッジ『AT-MC2022』とヘッドホン『ATH-W2022』。同社が持つアナログ技術と日本のクラフトマンシップの融合により、目と耳で豊かな時間を楽しめる特別な存在感を放っている。手に入れた人だけが、より深い感動に包まれる自信作。世界でも限られた数しか生産されない貴重なモデルだ。

『AT-MC2022』は、60年に渡るアナログカートリッジ技術の研究開発に置いて、同社のハイエンドに位置するカートリッジ。アナログオーディオ愛好家に、今まで体験したことのないサウンドパフォーマンスを提供する。軽量で耐久性に優れたチタン製のハウジングを採用し、ダイヤモンドカンチレバーとスタイラスを一体化することで、レコード溝の動きをより正確に発電コイルに伝達する。

また、チタンハウジングの側面にある三角形部分に黒色の七宝(しっぽう)風装飾を施している。職人の手作業による、光沢感まとう美しい仕上げと黒の配置が引き締まった印象を与えるデザインとなっている。

『ATH-W2022』は、同社のウッドモデル史上、最高の贅を極めたヘッドホン。1996年の初代ウッドモデル『ATH-W10VTG』以来、25年以上に渡り、ヘッドホンに適したさまざまな種類の木材を探し求めてきた。14代目となる本製品では、初代モデルで採用されたミズメ桜を復活。バッフル一体型の新開発58mmドライバーを搭載し、豊かで没入感のあるアナログリスニング体験を提供する。

ハウジングには越前漆塗りを採用し、さらに職人が一筆一筆に想いを込め丁寧にえがいた蒔絵が施されている。この蒔絵は、空気に触れることで色合いが変化するので、時の経過とともに変わるハウジングの絵柄を目でも楽しめる。杢目と同様に、蒔絵も一台一台職人の手書きにより味わいが異なることから、世界に一つしか存在しないヘッドホンとなる。

どちらのモデルも、日程や価格などの詳細情報については11月頃の発表を予定している。
『60周年記念モデルの追加発表もございますので、ぜひ今後も当社の続報にご期待ください。』

■創業60周年記念モデル、先行情報を公開

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・タブレット・スマートフォンでデータを確認できる!Bluetooth接続に対応したCO2測定器
・極細&L字プラグ採用!取り回しがしやすいアンテナケーブル
・教育用プログラミングソフト「Scratch3.0」に対応 !乾電池型IoTデバイス「MaBeee」
・ほったらかしでお惣菜からデザートまでヘルシーに仕上がる!VeSync「COSORI Lite3.8 リットル SMART ノンフライヤー」
・カメラなどの電子機器を、天板・支柱などに取り付けできる!クランプ式マウント