HIS MobileでもeSIMが8月24日より提供開始!


HIS Mobileは24日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「HISモバイル」( https://his-mobile.com/ )において「eSIM」を2022年8月24日(水)15時より提供開始すると発表しています。

これにより、月額290円(金額はすべて税込)からの料金プラン「自由自在290」の申し込みの際に従来までの物理的なSIMカードとeSIMのいずれかを選べるようになり、これまでは物理的なSIMカードの差し替えに手間や時間がかかっていましたが、eSIMを導入することで回線切り替えが製品内で完結できるようになります。

なお、同社では2022年5〜7月の期間に他社から乗り換え(MNP)でHISモバイルへ転入してきた人のうち約5割が楽天モバイルからの流入となり、eSIMのみに対応する楽天モバイルオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」や「Rakuten Hand」などを使っている人も多く、eSIMへの対応に関しての問合せが非常に多く寄せられたことを受けて提供開始に至ったとのこと。

eSIMは携帯電話サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)をiPhoneやPixelスマホなどのeSIM対応製品に遠隔で書き込むことができるSIMで、従来のように物理的なSIMカードを差し替えることなく携帯電話サービスを乗り換えることができることから今後ますますの普及が期待されています。

一方、HISモバイルでは自由自在290を2022年5月より提供しており、あまりデータ通信を使わないので月額利用料はできるだけ安く抑えたいという人に好評となっており、自由自在290と異なる携帯電話サービスを組み合わせたり、個人用と会社用の電話番号を使い分けたりしたいというニーズが高まっているということです。

また昨今の通信障害の影響で障害時におけるバックアップ用途としての対策として複数の通信回線を検討される方が増加しており、国内で約半数の人が利用しているiPhoneシリーズにおいても2018年以降に発売された機種であれば、物理的なSIMカードとeSIMを利用し、バックアップ回線としても格安に保持することが可能となり、安心して使えます。

さらに訪日旅行者再開に向けてコロナ禍以降、日本を含む世界各国の渡航制限が徐々に緩和されており、今後、再び増加することが考えられる訪日旅行者に対しても物理的接触が不要となるeSIMは利便性が高いと考えられ、HISモバイルでもeSIMの提供を開始したとしています。なお、現時点におけるHISモバイルのeSIMにおける動作確認済み製品は以下の通り。

<利用可能>
・iPhone13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第3世代)
・iPhone SE(第2世代)

<利用不可>
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus

※iOSではiPhone XR以降の端末で利用可能となり、AndroidではPixelやOPPOや、AQUOSの一部でeSIMが利用可能です。また楽天モバイルが提供しているRakuten MiniやRakuten Hand、Rakuten BIGでも利用できます。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・HISモバイル 関連記事一覧 – S-MAX
・月額 290 円から利用できる格安 SIM「自由自在」プラン eSIM 提供開始のお知らせ | 格安SIM(スマホ)ならHISモバイル
・お得な格安SIM・スマホなら【HISモバイル】