背面ディスプレイ搭載スマホ「Unihertz TickTock-E」が登場!


Uhihertz(ユニハーツ)は26日、同社が展開する背面ディスプレイを搭載した「Unihertz TickTock」シリーズの新機種「Unihertz TickTock-E」の投入を予告しています。2022年9月に発売されるとし、現在は通常価格から30ドルを割り引くEarly Bird特典の申し込みを受け付けているほか、Facebookグループが開始されています。

なお、TickTock-Eはすでに紹介しているように米連邦通信委員会(FCC)に加え、日本向けの工事設計認証(いわゆる「技適」)もモデル名「UNIA62_S01」として通過しており、日本向けにも販売されると見られます。スペックは明らかにされていませんが、TickTockに比べて薄く軽くお手頃価格になっているということです。

Unihertz TickTock-EはUnihertz TickTockと同様に背面ディスプレイを搭載しており、外観もほぼ同じとなっており、少なくとも6000mAhバッテリーなどの一部仕様はUnihertz TickTockと同じとなっていますが、サイズはUnihertz TickTockが約176×85.6×14.9mmなのに対し、Unihertz TickTock-Eは約167×78×111mmと防水・防塵や耐衝撃に対応しないことで小型化・薄型化・軽量化されているということです。

主な仕様は約6.5インチHD+(720×1600ドット)液晶およびMediaTek製チップセット(SoC)「Helio P35」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)、microSDXCカードスロット、Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、赤外線リモコン、位置情報取得(A-GPSなど)、指紋認証など。

背面のディスプレイは約1.28インチ240×240ドット。カメラは約4800万画素CMOS/広角レンズと約30万画素CMOS/マクロレンズのデュアルリアカメラ、約800万画素CMOS/広角レンズのフロントカメラを搭載。SIMはnanoSIMカード(4FF)が2つですが、片方はmicroSDカードと共用。携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通り。

4G LTE: Band 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28A, 28B, 66, 34, 38, 39, 40, 41
3G W-CDMA: Band I, II, IV, V, VI, VIII
2G GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

なお、Unihertz TickTock-Eの日本において利用できる携帯電話ネットワークの対応周波数帯は4G LTE方式のBand 1および3、8、18、19、26、28、41、3G W-CDMA方式のBand IおよびVI、VIII、XIXとなっており、Unihertz TickTockは同社初の5Gに対応していましたが、Unihertz TickTock-Eは5Gには対応していません。また外観などはFCCにて公開されています。

製品名 Unihertz TickTock-E Unihertz TickTock
大きさ 167×78×111mm 176×85.6×14.9mm
重さ 233g 308g
メイン画面 6.5型TFT液晶
HD+(720×1600ドット)
6.5型TFT液晶
FHD+(1080×2340ドット)
サブ画面 1.28型240×240ドット 1.3型360×360ドット
SoC Helio P35 Dimensity 700
RAM 4GB 8GB
内蔵ストレージ 64GB 128GB
外部ストレージ microSDXC microSDXC
電池容量 6000mAh 6000mAh
防水・防塵 ○(IP68)
耐衝撃
5G
OS Android 12 Android 11

FCCにて公開されているUnihertz TickTock-Eの外観

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Unihertz TickTock-E 関連記事一覧 – S-MAX
・Ticktock-E Sign Up | Unihertz