NUROモバイルがトリプルキャリアでオートプレフィックス機能に対応!


ソニーネットワークコミュニケーションズは16日、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「NUROモバイル」( https://mobile.nuro.jp )においてau回線のオートプレフィックス機能の提供を2022年6月16日(木)より開始すると発表しています。

NUROモバイルではこれまでNTTドコモ回線およびソフトバンク回線においてオートプレフィックス機能を提供してきましたが、新たにau回線でもオートプレフィックス機能に対応しました。これにより、au回線の音声通話付きSIMを利用している場合に申し込み不要で通話料金が従来の22円/30秒から11円/30秒となります(金額はすべて税込)。

なお、au回線におけるオートプレフィックス機能は6月16日以降に新規申込をした分から適用となり、すでにNUROモバイルをau回線で利用している場合は6月30日(木)までの間に順次適用となる予定です。またソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームでも仮想移動体サービス提供者(MVNE)としてau回線における00XY自動付与機能に対応した音声通話サービスの提供を開始しています。

オートプレフィックス機能は通信会社が提供する識別番号(プレフィックス番号)を自動付与することで、NUROモバイルではオートプレフィックス機能に対応することによって専用アプリを使ってリ、手動でプレフィックス番号を付与しなくても標準の通話アプリのまま国内通話料金が従来の半額となります。

これまでもNUROモバイルでは2021年10月よりNTTドコモ回線にて、2022年4月よりソフトバンク回線にてオートプレフィックス機能を提供しており、今回、au回線においてもオートプレフィックス機能を導入することによってNUROモバイルのいずれの回線を利用してもリーズナブルに音声通話を利用することができるようになっています。

<新規申込(2022年6月15日までに申し込み、開通前の場合)>
新しい電話番号を取得する場合およびMNP転入申込でMNP手続き済みのSIMカードを受け取る場合:6月16日〜6月30日の間にオートプレフィックス通話が順次可能になります。ただし、発送タイミングによっては、オートプレフィックス機能対応のSIMが届く場合があります
MNP転入申込の開通予約で申込の場合:6月16日の開通予約分で申し込みの場合、開通後すぐにオートプレフィックス通話が可能です。

<新規申込(2022年6月16日以降に申込の場合)>
SIMを受け取り次第、オートプレフィックス通話が可能です。

<すでにに利用中の場合>
6月16日〜6月30日の間に、順次オートプレフィックス通話が可能となります

※ 利用者によって提供開始日が異なるため、6月中に割引通話を利用したい場合は手動によるプレフィックス通話が必要です。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・nuroモバイル 関連記事一覧 – S-MAX
・「NUROモバイル」、au回線のオートプレフィックス機能の提供を開始 〜ドコモ、ソフトバンクに続き、トリプルキャリアで通話料金が半額に〜 | プレスリリース | ソニーネットワークコミュニケーションズ会社情報
・ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム、 MVNE事業者としてNTTドコモ・ソフトバンク・auすべての回線において00XY自動付与機能に対応 | ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社
・NUROモバイル