Snapdragon 8 Gen 1搭載ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」が日本で発売!


POCO Japanは23日、オンラインにて「新製品発表会」を開催し、日本市場にて5G対応のフラッグシップ級のハイエンドスマートフォン(スマホ)「POCO F4 GT(型番:21121210G)」(Xiaomi Communications製)を発売すると発表しています。発売日は2022年6月23日(木)で、販売される製品は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB+128GBモデルと12GB+128GBモデルがあります。

販路は8GB+128GBモデルがMi.comおよびXiaomi公式 楽天市場店、12GB+128GBモデルがAmazon.co.jpといったECサイトとなっており、価格(金額はすべて税込)は8GB+128GBモデルが74,800円、12GB+256GBが84,800円で、6月23日(木)19:00〜6月26日(日)23:59までは「早割キャンペーン」が実施され、8GB+128GBモデルが64,800円、12GB+256GBが79,800円となっています。

また同社ではPOCO F4 GTを購入した人を対象に動画・音楽配信サービス「YouTube Premium」(通常1,180円/月)の無料トライアルを最大2カ月間延長できるキャンペーンが実施されるほか、購入後6カ月間は1回に限って画面修理サービスを無料で受け取るプレミアムスターサービスを提供するということです。

なお、各モデルともにオープン市場向けのメーカー版(いわゆる「SIMフリー」)となっており、本体色はステルスブラックおよびナイトシルバー、サイバーイエローの3色展開で、特に日本市場向けに大きくはカスタマイズはされていないため、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しておらず、防水・防塵はIP53準拠の生活防水・防塵となっています。

POCOはXiaomiが新興国・地域向けに低価格なエントリーからミッドレンジクラスのスマホを展開するサブブランドとして2018年8月に立ち上げ、その後、2020年11月にスピンアウトしており、現在はXiaomi傘下として独立した製品開発や販売、マーケティングチームを持っており、製造とアフターサービスについてはXiaomiのリソースを活用して91カ国・地域に参入し、2021年には総出荷台数2300万台に達しています。

コンシューマーテックブランドとして「Everything you need, nothing you don’t(あるべきものをすべてここに。要らないものは何もない」の哲学に基づいてファンのの声とフィードバックに重点を置いて製品開発を行っているとのこと。そんなPOCOがXiaomiに続いて日本市場に参入し、まずはQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載した高性能なフラッグシップ級のハイエンドモデルとなるPOCO F4 GTが発売されました。

POCO F4 GTはSnapdragon 8 Gen 1の性能を最大限に引き出すための大容量な液冷システム「LiquidCool Technology 3.0」を搭載するほか、最大120Hzリフレッシュレートや最大480Hzタッチサンプリングレートに対応した約6.67インチFHD+(1080×2400ドット)有機EL「Flat AMOLED DotDisplay」を搭載し、マグネット式ポップアップトリガーなどで強化されたゲーム機能を備えています。

ディスプレイは上部中央にパンチホールを配置したアスペクト比9:20の縦長な有機ELパネルとなっており、コントラスト比500万:1や明るさ800nits、1億色表示、HDR10+、DCI-P3、