ゲーミング機能も充実したハイエンドスマホ「POCO F4 GT」をフォト&ムービーレビュー!


既報通り、POCO Japanは23日、日本市場に新たに参入し、5G対応のフラッグシップ級のハイエンドスマートフォン(スマホ)「POCO F4 GT(型番:21121210G)」(Xiaomi Communications製)を2022年6月23日(木)に発売すると発表しました。販売される製品は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB+128GBモデルと12GB+128GBモデルがあり、オンライン専売製品となっています。

販路は8GB+128GBモデルがMi.comおよびXiaomi公式 楽天市場店、12GB+128GBモデルがAmazon.co.jpといったECサイトとなっており、価格(金額はすべて税込)は8GB+128GBモデルが74,800円、12GB+256GBが84,800円で、6月23日(木)19:00〜6月26日(日)23:59までは「早割キャンペーン」が実施され、8GB+128GBモデルが64,800円、12GB+256GBが79,800円で、両モデルともにオープン市場向けのメーカー版(いわゆる「SIMフリー」)です。

また同社ではPOCO F4 GTを購入した人を対象に動画・音楽配信サービス「YouTube Premium」(通常1,180円/月)の無料トライアルを最大2カ月間延長できるキャンペーンが実施されるほか、購入後6カ月間は1回に限って画面修理サービスを無料で受け取るプレミアムスターサービスを提供するということです。

本記事ではそんなPOCO F4 GTの製品版をPOCO Japanよりお借りしたのでまずは開封して外観や同梱品、基本機能を写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、本体色は両モデルともにステルスブラックおよびナイトシルバー、サイバーイエローの3色展開で、お借りしたのは12GB+256GBモデルのステルスブラックとなります。


POCO F4 GTのパッケージ(箱)

POCO F4 GTはXiaomi傘下として展開されている「POCO」ブランドにおけるフラッグシップ「POCO F」シリーズ(Flagshipの「F」)の中でも特に上位機種となる「POCO F GT」の最新機種で、海外ではゲーミングスマホとして紹介されていたりもしますが、日本ではゲーミング機能も充実した普段使いができるフラッグシップ級の高性能なハイエンドスマホという位置付けで販売されます。

特長は4nmプロセスで製造されたQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載し、最大3.0GHzで動作するオクタコアCPUを備え、CPU性能が20%向上し、GPU性能が最大50%向上したことに加え、RAMは最大6400MbpsのLPDDR5、内蔵ストレージはUFS 3.1でロード時間を短縮して高速に動作してゲームだけでなく普段からさまざまな用途で快適に使え、それでいて価格が抑えたれている点でしょう。なお、microSDカードなどの外部ストレージスロットは非搭載です。


POCO F4 GTの箱を開けたところ

POCO JapanではPOCO F4 GTを他社のSnapdragon 8 Gen 1を搭載したフラッグシップスマホと比べて半額もしくは半額以下で購入できるとし、高性能機をより手軽に購入できるようにしたとしています。その理由は開発から販売まで一貫して無駄を省いたことにあるといい、その一例がプロモーションなどをせずに口コミを中心とし、オンライン専売にしたことにあるとのこと。さらに円安でなければ、もっと安くできたと説明されていました。

パッケージはXiaomiが展開する他の「Xiaomi(Mi)」ブランドや「Redmi」ブランドとはまた異なり、POCOのブランドカラーとなるビビットな色合いの黄色と黒色を合わせた箱で、白を基調とした非常にシンプルなRedmiブランドと比べると、無駄を省きつつもこだわりを感じるものとなっています。また箱はACアダプターなどが同梱されていることもあり、最近の製品としてはやや大きめです。


スリーブケースの下にPOCO F4 GTの本体が収納されています


POCO F4 GTの同梱品一覧。ローカライズのひとつとしてACアダプターの端子が日本向けになってます


POCO F4 GTの本体を保護している半透明のシートを外して背面に貼られているシールを剥がします

箱は上に開け、まずは紙類や保護ケース(透明)、SIMピン、USB Type-C to 3.5mmイヤホンマイク端子変換アダプターが入った黄色いスリーブケースがあり、その下にPOCO F4 GTの本体、さらに下にACアダプターとUSBケーブルが収納されています。付属するACアダプターはPOCOブランドでは初の120Wハイパーチャージに対応しており、USBケーブルもL字型端子を採用してゲームプレイ時や映像視聴時に充電しながらでも使いやすくなっています。

ディスプレイは上部中央にパンチホールを配置したアスペクト比9:20の縦長な約6.67インチFHD+(1080×2400ドット)有機EL「Flat AMOLED DotDisplay」を搭載し、最大120Hzリフレッシュレートや最大480Hzタッチサンプリングレート、コントラスト比500万:1、明るさ800nits、1億色表示、HDR10+、DCI-P3、